賢威7の装飾タグを使ってブログの記事を効率よく書けるようにしよう

賢威の装飾タグを積極的に使ってみよう


記事を書く時の文字の装飾とかってどうやって編集していますか?


例えば記事の中で、自分が伝えたいこと、主張したいことに対して、その文言を赤い文字や太文字で装飾したくなりますよね。


ここが自分の一番伝えたいことなんだ!


文字の色を変更する程度だったら、装飾用のタグボタンが使えるWordPressのプラグインをインストールするのが一般的だと思います。


他には、データを見せるために表(テーブルタグ)を記事の中に差し込みたいとか、リスト形式にしたいということも。


こういう場合もタグボタンが使えるプラグインをインストールすればそれで解決です。


確かにこれでほぼ解決なんですが、プラグインでは基本的にHTMLタグの挿入しかしません。


表の枠の色を変えたいとか、文字の配置を中央揃えにしたいという、「デザインの調整」となると、どうしてもCSSをいじる必要が出てきます。


CSSに慣れている人だったら、自分でチャッチャッと修正すればいいいですが、そうじゃない人にとっては難しいものがあります。


そういう時に、賢威で最初から用意されている装飾タグを使えば、CSSなんかいじらなくても多少見栄えのいいものがちょっとした手間で作れるようになります。


これから、賢威で用意されている装飾タグについて、解説します。
この記事では、賢威7を対象としています。賢威6は微妙に異なるので注意してください。


装飾タグの使い方は、タグをコピーして、記事の中に貼り付けるという作業が基本になります。


では、すすめます。

文字色を変更するタグ

まずは、一番よく使う文字の色を変更するタグです。

「タグをコピー」ボタンを押すと、タグがコピーされます。
※Macは未確認です。コピーボタンが機能しない場合は、直接タグをコピーしてください。
実際の表示 HTMLタグ
赤の文字
オレンジの文字
ピンクの文字
紫の文字
緑の文字
青の文字
黄色の文字
オリーブの文字
ライムの文字
黒の文字
グレーの文字
茶色の文字
紺の文字
水色の文字

背景色を変更するタグ

実際の表示 HTMLタグ
オレンジの背景色
ピンクの背景色
黄色の背景色
ライムの背景色
グレーの背景色

リスト

番号なしリスト

  • 最初のリスト
  • 2番目のリスト
  • 3番目のリスト

番号付きリスト

  1. 最初のリスト
  2. 2番目のリスト
  3. 3番目のリスト

マークなしリスト

  • 最初のリスト
  • 2番目のリスト
  • 3番目のリスト

小さいチェックリスト

ブレッドという言い方をするリストです。
  • チェックリストの1番目
  • チェックリストの2番目
  • チェックリストの3番目
  • チェックリストの4番目

大きいチェックリスト

  • チェックリストの1番目
  • チェックリストの2番目
  • チェックリストの3番目
  • チェックリストの4番目

引用

この引用タグの中のoutboundクラスで定義されているアンカーリンクに引用元を定義すると、右下のいい感じの位置にリンクを表示してくれます。


アイコン

かわいいアイコンです。
何気なく使うと、気をひくことができます。

アイコン(小)

実際の表示 HTMLタグ

ポイント


注意


NEW


初心者


別ウインドウ


矢印上


矢印右


矢印下


矢印左


ダウンロード


PDF


ZIP


メール


ショッピングカート



ホーム


フォルダ


時計


カレンダー


ビル


マップ


アイコン(大)

実際の表示 HTMLタグ

ポイント


注意


NEW


初心者


別ウインドウ


矢印上


矢印右


矢印下


矢印左


ダウンロード


PDF


ZIP


メール


ショッピングカート


虫眼鏡


ホーム


フォルダ


時計


カレンダー


ビル


マップ




賢威の装飾タグを使ってブログの記事を効率よく書けるようにしよう(2)に続く