アフィリエイトで記事を書くのが苦手。だったら苦手意識を取り除いてみる


アフィリエイトは記事を書くことが大前提のビジネスだというのは、誰でもわかっていることだと思います。


ともかく、記事を書かないことには稼げるものも稼げません。


しかし、アフィリエイトをはじめようと思う人の大半が、「記事を書く」ことで詰まってしまう。



そういう人のために、記事を書くことへの苦手意識を取り除ける、簡単な方法を紹介したいと思います。



単純ですが効果がある方法なので、騙されたつもりでぜひ試してください。

文章を書くことは学校では学べない

日本の学校教育では、読書の感想文はよく書かされますが、作文(文章)の書き方なんて教えてくれないですよね。


国語が好きな人、本が好きな人は自然と書くことも好きになっていくことが多く、そういう人の文章は、書くことが好きという空気感が文章ににじみ出ていたりします。


でも、僕は国語が好きな人というのがとにかく信じられませんでした。


国語の何がおもしろいんだろうと。


当然、僕は文章を書くことが大嫌いだったので、たかだか原稿用紙1枚の感想文を書くのにいつも四苦八苦。


そういう僕がアフィリエイトで稼いでいきたいと思っても、どうしても記事を書くことへの苦手意識があったため、なかなかアフィリエイトに踏み出せない時期がありました。


当時の僕には、記事を書いている自分が全くイメージできなかったんですね。


ましてや、メルマガを発行するなんて。

文章への苦手意識をなくすには、とにかく書きまくる

本嫌いだった僕がアフィリエイトをはじめた時には、せめて人並みに本を読んでいればとかなり後悔したのを覚えています。


後悔してもしょうがないので、自分ができる「文章への苦手意識をなくす方法」を試すしかない。


そう思い、アフィリエイトをはじめてからネットで調べていろんな方法を試行錯誤する毎日。


その中で試した方法が効果がでて、文章への苦手意識はだいぶなくなり、こうやってなんとか記事が書ける程度には成長できました。


今でも、まだまだつたない文章を書いていますが、これでもましになった方です。


そんな僕がおすすめする文章への苦手意識をなくす方法は、「数稽古」


文書を書くというアウトプットとしてのポイントは、ひたすら「書いて書いて書きまくる」ということです。


なんだと思われるかもしれません。


極めて単純で古典的だけど、とにかく書きまくることで効果は確実にあらわれてきます。



「数稽古」をおすすめする一番の理由は、何と言っても文書を書くことへの慣れがでてきて、苦手意識を取り除くことができるということ。



文章を書くことが苦手な人は、まずは書くということに慣れることが大事です。

文章を書くためのインプットも大事

文書への苦手意識をなくすための次のポイントは、書くというアウトプットに対してのインプット。


インプットとなる媒体は、自分が好きなものから選んでください。


小説本でもいいし、ネットなんかだと、自分の感性に近い文章を書く人のブログ。


あとは、お気に入りのメルマガなど。


ここで大事なのが、なぜそのブログ、メルマガを読みたいと思ったかということ。


読みやすい文章だったから。

その人のキャラクターが好きだから。

ためになる事を書いているから。


もし読みやすい文章だったからという理由の場合は、その文章がアナタの書く文書のお手本になります。



自分にとって、読みやすい文章、好きな文章というのは素直に頭に入ってくるものです。


そういう文章こそが「自分が書きたいと思っている文章」だといえるかもしれません。


まだ文章力に自信がない場合は、その文章をモデリングして、記事にするのもアリだと思います。


モデリングというのは、簡単にいうと「真似」ですが、決して丸々パクらないように。



自分が読みやすいと思った文章を沢山インプットして、自分の言葉に置き換える(アウトプット)訓練をしてください。

文章力は急にはあがらないので地道に鍛える

文章を書くのが苦手な人が、いきなり文章をスラスラ書くことは非常に難しいことです。


文章がすぐに上手になる魔法なんてありません。


まずは、「数稽古」でインプット→アウトプットをひたすら繰り返し、苦手意識を取り除くことからはじめること。


地道に「数稽古」を実践することで、いつのまにか文章力があがっていくのが実感できるようになります。


とにかく、少しずつでもいいので書くことを続けることです。



今日からでもさっそく試してみることをおすすめします。



にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへよろしければポチお願いします。


メルマガプレミアム講座始めました
お名前 (必須)

メールアドレス(必須)