WIKIの仕組みで稼ぐ方法とテンプレート CWS(大橋慎也)

オンライン百科事典ともいわれるWikipedia


「Wikipedia」


日頃からネットでよく検索する人で、ウィキペディア(Wikipedia)というのを知らない人はいないと思いますが、オンライン上の「百科事典」とよく言われているものですね。


誰でもその記事に対して編集できるというのが特徴です。


編集できることで、皆の知っている知識をかき集めて、完成度の高い記事になっていくわけです。


ただ、当然、デタラメな内容や誹謗中傷を書くことも可能なわけですが、以外と内容が疑問視されるようなものは見なかったりします。


書き手に「秩序」というものがあるのか、それともそういう類の記事は、速攻で削除したり、修正したりする専門の人がいるのかは定かではありませんが。


そのように、誰でも書き込めるという怖さを持ちながらも、Wikipediaって信頼性が高い評価をされているような気がします。


僕なんかも記事読んで、結構無意識に信用しちゃってますもんね。(別にWikiに限らないんですが)



前置きが長くなりましたが、今回紹介する商材は、「Wikipedia(Wikiサイト)を自分で構築して稼ぎましょう」というもの。


では、「WIKIの仕組みで稼ぐ方法とテンプレート CWS」についてレビューをすすめます。

商材の詳細はこちらを参照ください。

WIKIの仕組みで稼ぐ方法とテンプレート CWSの特徴

この商材の特徴としては、さきほども書いたように、「Wikiサイトで稼ぐ」というものです。


Wikipediaは百科事典と呼ばれるように、記事としては、取り上げる題材に対する説明を粛々と書き進める形式となります。


説明書きが中心となるため、感情とか意見とかは一切入り込む余地がない記事となるわけです。


Wikiの記事は、ブログなどのように、感情や意見がバンバン飛び出してくる記事とは異なるため、文章を書くのが苦手な人には、向いている商材といえます。


つまり、記事のネタや、内容についてい悩むこともないので、テーマとなる話題(事柄)について、ひたすら淡々と書いていけばいいということ。


「WIKIの仕組みで稼ぐ方法とテンプレート CWS」は、サイトを立ち上げた当初は自分でWikiの記事を書いていくけど、アクセスが集まりだしたら、作業はほとんど何もしないでいい(誰かかが記事を書いてくれる)っていうのが一番のウリです。


これが半自動とうたっている理由だと思います。

WIKIの仕組みで稼ぐ方法とテンプレート CWSの集客とキャッシュポイント

集客は検索エンジンから狙うのではなく、アンテナサイトをサテライトとして構築し、そこからアクセスを集めるという方法。


そのアンテナサイトにしても、クリック広告などのキャッシュポイントを設けることで、Wikiサイトとのダブルで稼ぐ仕組みとなっています。


キャッシュポイントとしては、アンテナサイトでクリック広告、さらに、Wikiサイトでもクリック広告、プラス、成果型も組み合わせての稼ぎ方が紹介されています。


もっとうまくやると、物販アフリリエイト、情報商材アフィリエイトとの複合型も可能になります。

WIKIの仕組みで稼ぐ方法とテンプレート CWSの最終評価

結局、「WIKIの仕組みで稼ぐ方法とテンプレート CWS」はWikipediaが検索結果の上位に常に表示されることをうまく利用している商材といえます。

Wikipediaというのはある情報(ジャンル)に特化したサイトで、そのサイトにはありとあらゆる詳細なデータが書かれるため、Googleの検索エンジンからも評価されるわけです。


つまり、Wikipediaは「ユーザーに役立つサイト」とGoogleから評価されているということです。


「WIKIの仕組みで稼ぐ方法とテンプレート CWS」は、サイト構築からはじまって、キャッシュポイントなどについての説明もしっかり書かれているので、初心者でもそんなに難しくない内容となっています。


Wikiサイトの一番の強みは、題材に対して皆で記事を編集することで、「価値のあるサイト」を作りあげていけることです。


そうなると、先にも書きましたが当然Googleの検索エンジンにも評価されて上位表示されることになるだろうし。


あとは、どれだけ稼げるジャンルに特化していくかというところじゃないでしょうか。



個人的に、ちょっと気になるのが、Wikiサイトを立ち上げたとして、はたしてどのくらいの人が積極的に記事を編集してくれるのかという点です。


誰も書いてくれないと、サイトを立ち上げた意味がないわけだし、かと言って、自分で書くわけにもいかないし。


このあたりが、他力本願の弱みってところですかね。


そういう意味では、この商材で稼ぐ一番のポイントはより多くの人が編集したくなる、「ジャンル」選びになると思います。



他の注意点としては、アクセスが集まりだすまでに、結構な作業が必要だということも、実際に実践する場合には頭に入れて置いた方がいいです。



以上のことを総合的にふまえて、「WIKIの仕組みで稼ぐ方法とテンプレート CWS」は次の人に向いています。

  • 文章を書くのが苦手な人
  • コツコツ、継続して作業ができる人
  • アフィリエイトをやった経験が多少でもある人
  • アフィリエイトでなかなか稼げなかった人

商材の詳細はこちらを参照ください。


アフィリエイトプレミアム講座始めました
お名前 (必須)

メールアドレス(必須)