ブログ記事のネタ探しではGoogleよりもYahooの方が使える


検索する時って、GoogleとYahoo、どっちをメインに使ってますか?


日本では、以前はGoogleよりもYahooの方がシェアが高かったようですが、今はGoogleの方が圧倒的だとどこかのニュースで見たことがあります。


トレンドアフィリエイトを実践している人を除いては、Googleで検索している人の方が多いんじゃないかと思います。


僕も普段はGoogleで検索していますが、場合によってはYahooの検索の方が使えることがわかったので、どこがGoogleより使えるのかについて、解説していきます。


すでに知っているネタかもしれませんが、あしからず。

YahooはGoogleの検索エンジンを使っている

Yahooの検索エンジンは、実はGoogleの検索エンジンを使っているというのは結構有名な話で、知っている人も多いかと。


なので、あるキーワードで検索した場合は、GoogleとYahooではほぼ同じ検索結果となります。


ただし、リスティング広告などの扱いが双方で微妙に異なるので、同じキーワードで検索しても、Yahooの方にはリスティング広告が沢山表示されるけど、Googleの方にはほとんど表示されないという、違いは発生します。


ですが、検索結果に関しては「基本的に同じ」ものを表示するようになっています。

記事のネタ探しで使えるYahoo知恵袋

検索結果が基本的に同じと書きましたが、一点だけGoogleに表示されなくてYahooに表示されるものがあります。


それは、「Yahoo知恵袋」です。


Yahoo知恵袋というのは、悩みがある人や助言を欲しい人が、その悩み事を投稿。

投稿を見た人がアドバイスしながら悩みを解決する。


いわば、「お悩み解決サイト」と思えばいいです。

似たようなサイトに、OKWAVEなんかがありますね。


僕は普段Yahooを使っていなかったので、Yahooの検索結果の下の方に知恵袋が出ることを知りませんでした。

Yahoo知恵袋が表示された検索結果
Yahoo知恵袋


で、このYahoo知恵袋の何がいいかというと、「記事のネタ探し」に使えるんですね。



記事のネタを探す時って、軸になるキーワードをまず決めると思います。


そこから、検索サイトの検索入力フィールドにキーワード+スペースキーを入力。


その時に候補として表示されたキーワードの中から使えそうなキーワードを選択して、一旦検索。


大体こんな流れで検索して、記事のネタになりそうな情報を探すことに。


検索キーワードによっては、検索結果の下の方にキーワードに関連するYahoo知恵袋のリンクがいくつか出てくるようになっています。


全てのキーワードでYahoo知恵袋が出るわけではなく、やはり「悩み」に繋がるようなキーワードの場合だけしか出ません。


具体的には、「野球+練習」で検索してもYahoo知恵袋は出てこないけど、「野球+上達しない」では出て来るみたいな。


「野球+上達しない」のキーワードは、明らかに「野球が上達しないことに悩んでいる人」が検索してるというのが推測できますよね。

だから、こういうキーワードの場合はYahoo知恵袋が出るんだと思います。(単純に知恵袋のキーワードと同じキーワードだから出るだけかも知れませんが)



記事というのは読んでもらわないことには話になりません。


でも、悩みを解決する方法が提示できるような記事だと、その悩みを持っている人にとっては、「価値のある記事」となるわけです。


つまり、読まれる記事だということ。



記事のネタ探しは、GoogleではなくYahooで検索して、知恵袋にどういう悩み事が投稿されているかを確認してみるのもいいんじゃないかと思います。

トレンド記事ネタ探しで使えるYahoo虫眼鏡(関連キーワード)

Googleの検索結果の一番下に表示される関連キーワードと、Yahooの虫眼鏡(関連キーワード)

この2つはどちらも、「軸キーワードに対する関連キーワード」を表示するものだと思っている人も多いと思いますが、実は違いがあります。

Yahoo虫眼鏡の関連キーワード
Yahoo虫眼鏡の関連キーワード

Googleの関連キーワード
Googleの関連キーワード


Googleの場合は、検索ロボット(クローラー)が収集したデータをもとに関連キーワードを作成。

つまり、ブログなどの記事のデータが元になって、関連キーワードが作られているということ。


対して、Yahooは実際に検索されたキーワードを元に関連キーワードとして表示するようになっています。

GoogleのWeb上のデータに対して、Yahooの虫眼鏡は、「今が旬の検索キーワード」が関連キーワードとなっているわけです。


トレンドアフィリエイトを実践している人達は、このYahooの虫眼鏡を使って最新のトレンドキーワードを収集しているってことですね。



ちなみに、関連キーワードではなく、スペースキーを押すことで次の検索キーワードの候補が出るのが「サジェスト検索」機能です。


サジェスト検索機能では、候補となるキーワードには自分が過去に検索したキーワードも含まれて表示されます。


そのため、トレンドアフィリエイトを実践する人は、このサジェスト検索機能を使うと誤ったトレンド情報を収集する可能性があるので、気をつけてください。



以上、記事のネタ探しにはGoogleよりもYahooが使えるということで解説しました。



記事のネタ探しは、検索エンジン以外にも、書籍をはじめとしてその他にもいろいろあります。


ただ、検索エンジンが一番手ッ取り早くて便利なため、検索エンジンから記事のネタ探しをすることになると思います。


今回紹介したYahooの有効な使い方も含めて、検索エンジンで効率よく記事のネタが探せる工夫をしていきましょう。


にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへよろしければポチお願いします。


メルマガプレミアム講座始めました
お名前 (必須)

メールアドレス(必須)