アフィリエイトで必須の無料便利ツール!画像加工ソフトPhotoscape(1)


アフィリエイトではブログの記事を書くことがごく当たり前の事ですが、文字だけの記事だけではなく、記事内に画像を貼り付けることもよくあることです。


例えば、記事の内容を連想させるようなアイキャッチ画像を使ったり、手順を解説する記事では読む人がわかりやすいように、キャプチャした画像を貼り付けたりという感じですね。


画像には無料素材を使うことが多くなりますが、入手した無料素材をなんの加工もせずにそのまま記事に貼り付けることはあまりありません。


少なくとも画像の大きさを調整するための「リサイズ」というちょっとした加工作業は必ず発生します。

アフィリエイトで使える無料便利ツールPhotoscape

今回は、画像を簡単に加工できる無料の便利ツール「Photoscape」について解説します。


Photoshopなどの本格的な画像加工ソフトと比べると機能は非常にシンプルですが、ブログの画像ではそんなに凝った加工は必要ないため、Photoscapeで十分事足りると思います。


実は先日、↓のようなスライドショーを作ることができるプラグインの記事を書きました。
WordPress便利プラグイン!スライドショーを作ってみる(メイン画像編)


この記事は普通の記事より画像の加工作業が多かったんですが、「予想以上にPhotoscapeが使える」ということをこの時初めて実感。


例えば、元の画像の大きさと記事に貼り付ける画像の大きさが異なる場合は、縦横の比率を維持しつつ、画像を切り取ることは結構難しい作業となります。


そういう時にPhotoscapeを使うと、使いやすい「トリミング」機能のおかげで、画像の切り取りも簡単にできます。


Photoscapeは無料で使いやすい便利ツールなので、これからブログの記事に画像を使うことを考えている人はPhotoscapeを使ってみてはどうでしょうか。


では、Photoscapeでできること、操作方法などを中心に解説していきます。

PhotoscapeはVectorなどからダウンロードしてください。

無料便利ツールPhotoscapeができること

  1. 画像のフレーム(枠)を装飾できる
  2. 画像の切り取り(トリミング)ができる
  3. 画像の大きさを変更(リサイズ)することができる
  4. 複数の画像の結合ができる
  5. 画像に画像を重ねることができる
  6. 画像に吹き出しや、テキストを重ねることができる
  7. 同じ加工処理を複数の画像に一括でできる

結構盛りだくさんの機能ですが、Photoscapeではこのようなことができます。

なお、それぞれの機能は手順についての解説は、次の通りです。
「1. 画像のフレーム(枠)を装飾できる」については、この記事で解説。

「2. 画像の切り取り(トリミング)ができる」~「4. 複数の画像の結合ができる」については、アフィリエイトで必須の無料便利ツール!画像加工ソフトPhotoscape(2)で解説。

「5. 画像に更に画像を重ねることができる」~「7. 同じ加工処理を複数の画像に一括でできる」については、アフィリエイトで必須の無料便利ツール!画像加工ソフトPhotoscape(3)で解説。


Photoscapeでは、フレーム(枠)にユニークなものが多数用意されているので、これだけでPhotoscapeを使ってみたくなる人も出てくるんじゃないかと思います。

Photoscapeは画像のフレーム(枠)を装飾できる

Photospaceでは画像のフレーム(枠)に色のついた線をつけたり、ちょっとした飾りのフレームを画像につけることができます。


さっそく手順にすすみたいところですが、その前に、画像のフレームに線をつける意味について、僕の意見をちょっとだけ。

画像の枠線を絶対につけた方がいい場合がある

画像には必ずしも枠線をつける必要はありませんが、画像によっては枠線をつけた方が読む人にとってもすっきりした記事になることがあります。


例えば、何かの操作手順を示す記事の場合、操作画面のキャプチャ画像を貼り付けていきます。

↓こんな画像です。
枠線がない画面キャプチャ


上の画像見て、なんか違和感というか不思議な感じがしないですか?


記事の背景色と画像の背景色が同化して、どこが画像なのかがはっきりしないですよね?


僕は、これがすごく気になるんですね。
特に気にならない人は、僕の神経質な主張は退けてお先へどうぞ(笑


なので、こういう色が同化するような画像の場合は、必ず枠線をつける加工をしています。

結果が、↓これです。
枠線がある画面キャプチャ

これだと、はっきりしていい感じでしょ?


僕が記事を読む立場だとしたら、やっぱりこういう画像の枠線には線をつけて欲しいと思ったりします。


前置きが長くなりましたが、実際に枠線をつける操作手順にすすみます。

画像に任意の色で枠線をつける

Photoscapeを起動し、「画像編集」タブを選択。
画像編集領域に、加工したい画像をドラッグ&ドロップするか、画像をコピーして貼り付けます。

さらに、左下の「ホーム」タブにある「フレームライン」を選択。
Photoscapeフレームライン


フレームラインのウィンドウが出るので、枠の色、厚さなどを設定して、「OK」をクリック。
Photoscapeフレームラインウィンドウ


次のように、枠に線がつけられます。
Photoscape枠線加工

画像の余白に背景色をつける

同じく、フレームラインの左にある「余白」を選択。
Photoscape余白ウィンドウ


余白のウィンドウが出るので、背景色、余白などを設定して、「OK」をクリック。

画像のまわりに余白が追加されます。
Photoscape余白加工

画像のフレーム(枠)を円形にする

同じく、フレームラインの左にある「円形」を選択。
Photoscape円形ウィンドウ

円形のウィンドウが出るので、背景色、回転、余白などを設定して、「OK」をクリック。

枠が円形で加工されます。
Photoscape円形加工

画像のフレーム(枠)を装飾する

最後に、ユニークな装飾フレームを紹介。

手順は、同じく「ホーム」タブにある、以下の赤枠部分をクリックします。
Photoscapeフレーム装飾


フレームの装飾一覧が表示され、その中の装飾を選択することで画像のフレームに装飾が施されます。
Photoscapeフレーム装飾一覧

ユニークなフレームの装飾

フレームの装飾一覧から、ユニークなものを紹介。
フレーム装飾一覧(写真)
Photoscape_Antique_Frame_02 Photoscape_Antique_Photo_02
Antique_Frame_02 Antique_Photo_02
Photoscape_Cali_04 Photoscape_Gradient_06
Cali_04 Gradient_06
Photoscape_Pattern_10 Photoscape_Tape_01
Pattern_10 Tape_01
Photoscape_Transparent_01 Photoscape_Wedding_01
Transparent_01 Wedding_01
フレーム装飾一覧(画像)
Photoscape_Book_01 Photoscape_Christmas_Deco_01
Book_01 Christmas_Deco_01
Photoscape_Christmas_Stick_01 Photoscape_Film_02
Christmas_Stick_01 Film_02
Photoscape_Gradient_03 Photoscape_Mimic_01_MediaPlayer
Gradient_03 Mimic_01_MediaPlayer
Photoscape_Note_01 Photoscape_Round_04
Note_01 Round_04
Photoscape_Round_Shadow_01 Photoscape_Round_Shadow_01
Round_Shadow_01 Tape_05


「アフィリエイトで必須の無料便利ツール!画像加工ソフトPhotoscape(2)」へ続く