ブログランキングサイト「にほんブログ村」注目記事のランキング基準


「ブログ」


以前のように、ブログを開設する敷居が高かった頃ならいざ知らず、最近はシステムが高機能になったり、アプリの操作性が高まったことで、お手軽にブログを開設できる時代になっています。


ブログを開設する目的も、人によって様々。


アフィリエイターは当然「稼ぐ」ことを目的とし、個人的な趣味について「濃い記事」を書きたい人は仲間を集めることを目的に。


あとは、本当にただの日記帳として記事を書いたり、創作小説を書いたりとか。

ブログに訪問者が集まることではじめて価値がでる

ブログの開設目的にどんなものがあるにしろ、ブログを開設したからには、やはり訪問してもらうことが大事になってきます。


いくら日記帳的なブログでも誰もきてくれないと、さみしいものがありますよね。



となった時に、誰でもはじめることが、ブログを評価する「ランキングサイト」への登録。


今のランキングサイトのメジャーどころは、人気ブログランキング、にほんブログ村が2大ランキングサイトだと僕個人に思っているんですが、これであってます?
(FC2ブログランキングはFC2限定なので除外)


今回は、記事のテーマである「にほんブログ村」にスポットをあてて、すすめていきたいと思います。

にほんブログ村の注目記事のランキング基準

今回のテーマである、「にほんブログ村」の注目記事のランキング基準について、僕が今思っていることについて書いていきます。


単刀直入に、「にほんブログ村の注目記事って何を基準に決めているんですか?」ということです。


ブログ単位のランキングでは、自分のブログが何位なのかはたまにチェックしてたんですが、「マイページ」の方で「注目記事」というランキングがあることをわりと最近知りました。


注目記事って、その名の通り注目されている記事なので、注目記事のランキングに入るといろんな人の目にとまって、アクセスが増えるメリットがあるわけです。


なので、アクセスを増やすためには、注目記事のランキングに入ることは効果的だといえます。


ただ、この注目記事にランキングされる「基準」というのが、僕にはいまいちわからないんですね。


単に、INやOUTのポイントで決まるのかと思えば、一切関係ないみたいだし。


まぁINやOUTのポイントで決まるんだったら、ブログのランキングが下位の人はどんなに価値のある記事を書いても絶対に注目記事のランキングに入らないことになるわけで。

ごく当たり前のような気がします。


ということで、にほんブログ村の注目記事のランキング基準について検索してみると、公式サイトに以下の記載が。

注目記事は INポイントとも OUTポイントとも、そして PVアクセスとも関係の無い独自のアルゴリズムで算出されております。

やっぱりIN、OUTポイントなどは一切関係ない模様。


肝心の注目記事のランキング基準は、対策されるので非公開。


さらにネットで調べると、僕と同じように、注目記事のランキング基準について疑問を持った人を発見。


この人は独自の推測で、注目記事のランキング基準について結論を導いていました。


で、この人の出した結論が、「記事タイトルや記事本文中のキーワードの”旬”が考慮されている」というもの。


つまり、「今が旬のキーワード」がタイトルや本文中に盛り込まれている記事が、注目記事のランキングに入りやすいという結論です。



これ読んで、そうだと言えるかもしれないけど、そうとも言えないかもしれない。

僕個人としては、この結論はなんだかすっきりしません。


というのは、

以前書いた記事が、知らない間に注目記事のランキング3位になっていたことがあるんですね。
(その割にはアクセスはそんなに増えなかったような(笑))


記事自体は、タイトルや本文に今が旬というキーワードを盛り込んでいたわけでもありません。


その3位になった記事とは内容的にも似たような記事を何日後かに書いたんですが、そっちの記事は100位すら入りませんでした。


このことから、僕の中では注目記事のランキング基準が何なのか、さっぱりわからないという結論です。


かなり謎が多い、注目記事のランキング基準。


これ以上深く調べても、数学みたいにズバリな答えは出そうもないので、注目記事のランキング基準については、迷宮入りでこれでおしまいにします。

注目記事のランキングにこだわらないことが大事

注目記事でランキングがあがると、確かにアクセスも増える効果があると思います。


仮に、注目記事のランキングに入る記事の書き方やコツがわかったとして、注目記事のランキング上位表示を狙った記事ばかり書くと、本来の「稼ぐ」という目的からずれていく危険性が高いと思うんですよね。


注目記事の上位表示を狙った記事が、ブログのテーマと外れていないものであれば問題ないですけど。


最後に、にほんブログ村の公式サイトに注目記事のランキング基準についておもしろい記載があったので、紹介します。

カテゴリーにつきましても、ご自身の”ブログ”が所属しているカテゴリーではなく、その”記事”を注目している方々が多いカテゴリーランキングされることもございます(総合、メインカテゴリー、サブカテゴリーごとにランキング順位も連動せず異なることがございます)し、、、、以下省略


つまり、記事の内容によっては、自分が属しているカテゴリ以外のカテゴリでも注目記事のランキングに入るかもよ。ということです。

実際に、転職カテゴリーに属する人の書いた記事が、何故か恋愛の片思いカテゴリーの方の注目記事にランクインしたことがあるようで(笑


これって、どうなんでしょうか。


記事の内容によっては、別カテゴリーにランキングされる事も理解できますが、転職カテゴリーと恋愛の片思いカテゴリーってどうひいきめにみても、全く関連ないし。


機械的にランキング処理している弊害ってところですかね。


ちょっと最後は脱線しました。


いずれにしろ、記事を書くことが本業である我々アフィリエイターは、ブログ単位の純粋なランキングはさておいて、注目記事についてはあまり気にしない方がいいように思えます。


書いた記事がたまたま注目記事の上位に表示されてラッキー!という程度で。



注目記事にこだわって、ブログのテーマからブレることがないように気をつけたいものです。