アフィリエイトでいれておくべきWordPressおすすめのプラグイン


アフィリエイトで稼ぐためのブログとしては、無料ブログより、レンタルサーバ+独自ドメイン+WordPress+テンプレートの組み合わせの方が主流となっています。


最近は、無料ブログだけで稼いでいるという話はあまり聞きませんね。
WordPressのブログは、レンタルサーバーと契約してWordPressをインストールすれば、その日から使うことができます。


WordPressインストール直後の標準状態では基本的な設定も完了しているので、すぐに記事が書けるようになっています。


なので、標準状態でもブログを使うことには特に支障はありません。(要テンプレート)



ただし、日記のような記事を書くだけならいいですが、アフィリエイトで稼ぐためのブログを運営するのであれば、標準状態では使いづらいところがあります。

アフィリエイトで稼ぐためにおすすめのWordPressプラグインをいれる

ここでは、アフィリエイトで稼ぐために、ぜひインストールしておきたいおすすめプラグインを紹介したいと思います。


ここで紹介するプラグインをいれるだけで、今まで手間だった作業がさくさくできるようになり、作業効率がグっとあがること間違いなしです!


ぜひ、以下で紹介するプラグインをいれてみてください。



WordPressのプラグインは、インストール→有効化という流れで使えるようになります。

最初からインストールされているプラグインもあるので、その場合は有効化するだけです。


なお、プラグインの画面に表示されないプラグインはインストールされていないので、「新規追加」からプラグイン名を検索して、インストールする必要があります。


では、おすすめのプラグインを紹介します。

WP Multibyte Patch(多言語処理不具合対策)

WordPressは標準では多言語(日本語などの2バイト文字言語)の処理にいくつか不具合があるようなので、まずはこのプラグインを有効化してください。


このプラグインは標準でインストールされているはずですが、もしインストールされていない場合は、検索→インストール→有効化します。

No Self Pings(記事内内部リンクでいちいち承認させない)

WordPressで記事を書いたことがある人は誰でも経験していると思いますが、記事の中で内部リンクを貼ると、「セルフピンバック」と呼ばれるものがコメントとして送られてきます。(同時にメールも飛んできます)


自分で書いた記事に対するコメントなんて必要ないのでゴミ箱行きとなりますが、いちいちゴミ箱に送るのが案外面倒くさいんですね。


このプラグインはこの不要なコメントが飛ばないようにしてくれるものなので、絶対いれておいたほうがいいです。


標準ではインストールされていないので、検索→インストール→有効化します。

Akismet(スパムコメント対策)

ブログを運営してある程度記事がたまると、特に外人さんからスパムコメントをもらうようになります。


僕はこのスパムコメントがくるたびに、ゴミ箱に送るという面倒くさいことしてました(笑


このプラグインをいれることで、スパムコメントから開放されます。

ただし、普通のコメントがスパムとしてブロックされたりする時があります。

せめて、一週間に一度はスパム判定されていないコメントがないか確認した方がいいです。

WP External Link(記事内外部リンク対策)

記事を書いていくと外部サイトのリンクを貼る場合が出てきますが、外部サイトと言っても良質なサイトもあれば悪質なサイトもあります。



なにも考えずに外部リンクを貼ると、悪質なサイトからうまく利用される場合があります。
(これ以上ここでは詳しい話はやめますが、SEO的な話です)


外部リンクを貼る場合に有効なので、いれておきたいプラグインです。


外部リンクをクリックした時に、別ウィンドウで開くか、同じウィンドウで開くかの設定もできるようになっています。(要インストール)

Wp-Insert(記事内に簡単に広告・固定ページを追加)

記事の上、下、中央などの好きな位置に、広告コードや固定のページを追加できるプラグインです。


特に、記事の下に決まった内容の文章を書いたりする場合は、手間が省けてかなり便利です。


Googleなどのアドセンス広告を貼るのも手間なくできます。(要インストール)

Contact Form 7(簡単コンタクトフォーム)

ブログを運用する場合は、訪問者が質問や確認したいことを問い合わせるためのフォームが必要になります。


このプラグインは、HTMLなどWebの知識も必要なく「問い合わせフォーム」を簡単に設置できるものです。(要インストール)

WP Category Tag Cloud(かっこいタグクラウドウィジェット)

記事を書き続けると関連タグが膨大になり、ページの下にずらーっと並んですごいことになっていきます。


記事が増えれば増えるほど見栄えもよくなく、ページのサイズも大きくなりがちなので、このプラグインをいれてください。


サイドバーを見てもらえればわかりますが、このプラグインはタグを3Dのように見せることもできてかっこいいです。

マウスを乗せると、タグがくるくる回って、じっと見つめているといやされます(笑
(要インストール)

TinyMCE Advanced(タグボタン追加)

WordPress標準のビジュアルエディタでは、HTMLタグを挿入するためのボタンがある程度揃っていますが、やはり足りないタグがいくつかあります。


このプラグインは、よく使いそうなタグが簡単に使えるように、ボタンを追加してくれます。


いれておくと、記事が効率よく書けるようになります。


以上が、WordPressのおすすめのプラグインです。

WordPressのプラグインをいれる時に気をつけてほしいこと

WordPressのプラグインは、「こんな事ができたら便利だな」という発想で開発された、無償で提供される「追加機能」プログラムです。

プラグインが信頼できるか判断する

ここで紹介しているプラグイン以外で使ってみたいプラグインがあった場合、すぐにインストールするのではなく、簡単でもいいので、どのぐらいのサイトにインストールされているかを確認してください。


ある程度、実績があるプラグインだったらいれてもいいと思います。


有名どころのプラグインであればほぼ間違いないとは思いますが、悪い人は必ずいるので気をつけた方がいいですね。

意味のないプラグインはいれない

WordPressに適用したテンプレートによっては、いれる必要のないプラグインもあるので、その点も気をつけてください。


例えば、賢威は元々SEO対策がされているテンプレートですが、賢威が適用されている状態で、SEO対策用の「All in One SEO Pack」をいれても意味がありません。



このプラグインをいれると、お互いがメタキーワードとメタディスクリプションを出力するので、二重定義となりSEO的にもよくないです。

プラグインはやみくもにいれない

それ以外は、他のプラグインとの「相性」に注意。


あるプラグインをいれたことで、今まで動いていたプラグインが動かなくなったということもよくあります。



本当に必要なプラグイン以外はいれない方が無難です。



プラグインをいれればいれるだけ、WordPressの動作が重くなって不安定になることも考えられます。


Windowsみたいですね(笑



以上、おすすめプラグインを紹介してきましたが、ここで紹介した以外にもまだまだ便利なプラグインが沢山あります。



先に書いたことに気をつけながら、プラグインを有効活用してください。



便利なプラグインでブログの運営の作業効率をあげて、アフィリエイトでガンガン稼いでいきましょう!