メルマガアフィリエイトではメルマガを効果的に読ませる追伸を使う

メルマガアフィリエイトでは、稼ぐための中心となる媒体がメルマガです。


メルマガで最終的に大きく稼ぐことを目的としているため、読者に対して、興味づけ→信頼→購入の行動を起こさせるDRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)を駆使したライティングテクニックが非常に重要になってきます。


確かに、稼ぐためのDRMによるライティングも重要となりますが、メルマガではライティングよりももっと重要で基本的なことが。


それは、「読者にいかにメルマガを読んでもらうか」ということ。

読者はメルマガを真面目に読まない

メルマガに登録する読者は、そのメルマガに興味があるから登録をします。

しかし、いざメールが発行されはじめても、よっぽどそのメルマガに興味があった人以外は、そんなに真面目に読む人はいません。


僕もそうでしたが、メルマガを複数登録しているのが当たり前なので、時間がないこともありますが、1つ1つメルマガをじっくり読む事はしないんですね。


読むとしても、頭から最後までの文章をサーッとスクロールさせて、気になった文章があればそこだけちょっとつまみ食い的に読む程度。


だからこそ、メルマガでは「いかに読ませる工夫をするか」ということが大事になってきます。

追伸を使ってメルマガを読んでもらう

メルマガを購読している人はわかると思いますが、メルマガの最後に必ずと言っていいほど、追伸又はPSという形でメルマガが終わります。


しかも一度だけではなく、PS、PPS、PPPSという三段構えも普通にあったりします。


読む側にとっては、「しつこいな~」と思っていても、ついついなんとなく読んでしまいますよね。


これが、読んでもらえる「追伸の効果」。


メルマガに限らず、人はなにがしかの文章を読む時には、冒頭と最後が一番読む習性があります。


この習性を利用しているのが、追伸となります。


ブログなんかでも、記事下にアフィリエイトリンクなどを貼り付けているとクリック率が高いと言われているように、最後の方は読まれることが多いということです。

追伸を使った効果的なメルマガ

追伸は、たんに読んで欲しい文書を書けばいいわけではありません。


追伸を使う目的と効果はいくつかあります。

  • 本文のまとめを書くことで、本文を真面目に読まなかった人に大雑把でも内容を伝えることができる。
  • 本文で主張した意見を再度、追伸で繰り返し書くことで、念を押して記憶してもらう。
  • 本文より、追伸の方に重要なことを書くことで、「読み逃し」を防ぐ。

簡単に3つほどあげてみましたが、こうやってみると、以外と追伸が重要だということがわかると思います。


下手すれば、本文よりも追伸の方に力をいれるべきかもしれません。


実際、僕もメルマガでは追伸を使っていますが、念押しのためによく書いています。


どちらかというと、本文よりも追伸の方に本音を書いたりすることがあるので、追伸の方が読者の反応がよかったこともありました。

メルマガでは追伸を書いて、読み逃しを防ぐ

先にあげた以外の追伸の効果的な使い方として、本文には書かなかった特典などの「お得情報」を追伸の方にあえて書くというやり方もありです。


これは、次のメルマガから読者は追伸だけは読むようになるという効果が期待できます。


このように、追伸にはいろいろな効果があることがわかってもらえたかと思います。


以上、メルマガにおける「追伸の効果」について解説しました。


稼ぐためのライティングスキルも大事ですが、読んでもらうための「追伸」の効果は以外と大きいので、メルマガをこれから発行しようと思う人は、必ず追伸を書くことを意識してもらえればと思います。