メルマガアフィリエイトでのリストを集める方法


「リスト」


リストというのは、メルマガにおける「メールアドレス」や「読者」のことを指します。


メルマガアフィリエイトでよく使われるDRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)では「リストを教育する」という言葉がよくでてきます。



「リストを教育する」というのは、メルマガを購読してくれた読者から、共感を得て信頼を勝ち取ること。



これにより、商品の購入を促すことが容易となり、セールスレターを流すだけで大きく稼ぐことが可能になります。


リストの数が多ければ多いほど、DRMによる売上も増えていくわけですが、肝心のリストが増えないことにはDRMも宝の持ち腐れとなることに。


そこで、今日の記事では、メルマガアフィリエイトで売上を左右する「リストを集める方法」について、メリット、デメリットも含めていくつか紹介していきます。

無料レポートからリストを集める

無料レポートというのは、めるぞう、インフォゼロ、まぐぞうなどの無料レポートスタンドからダウンロードできる「お役立ちレポート」のことです。


無料レポートという言葉の通り、ダウンロードすることじたいは無料となりますが、無料でダウンロードする代わりに、メールアドレスを入力することが条件となります。


肝心の無料レポートを使ったリストの集め方ですが、まずは自分で無料レポートを作成する必要があります。


無料レポートはPDF、音声、動画などであればどんな形式でもよく、作成した無料レポートを無料レポートスタンドに登録します。


登録された無料レポートがダウンロードされることで、入力されたメールアドレス、つまりリストを手に入れることができるようになっています。


ただし、以前と較べて、今の無料レポートは有料の商材にも負けないような良質なものが多いため、作った無料レポートがそれなりの内容でないとなかなかダウンロードしてもらえません。



また、最近の無料レポートスタンドは粗悪なレポートを排除する目的で「審査」を設けているため、質が悪いレポートを作ったりすると審査を通ることが難しくなります。



なので、無料レポートでリストを集めることを考えるのであれば、力をいれて「本当に役に立つ」レポートを作ることが必要です。


本当に役に立ちそうなレポートであれば、無料レポートをアフィリエイトする人達も、積極的に紹介するため、よりリストが集まりやすくなります。



まとめると、無料レポートを使ったリスト集めのデメリットは、良質な無料レポートを作る労力が必要なこと。


メリットは、自分の無料レポートに興味を持った人のリストが集まるので、ターゲットとしている属性からそんなに外れていないことです。

読者増サービスを利用してリストを集める

お金を払ってリストを入手する方法です。


無料レポートスタンドからは、「読者増サービス」や「リスト増サービス」という名称でサービスが提供されています。


この集め方のメリットは、手間が一切かからないこと。


逆にデメリットはお金がかかること。



ある程度の資金が必要になってくるわけですが、読者増サービスを利用している有名なアフィリエイターも沢山います。

リスト集めの労力(時間)をお金で買っているということになりますね。


この読者増サービスのデメリットは実はもう1つあって、それは

「必ずしも、自分がターゲットとしている属性のリストが手に入るとは限らない」

ということです。


読者増サービスは、基本的に無料レポートをダウンロードした時の入力アドレスがリストになります。


無料レポートといっても様々なものがあるため、例えばダイエット系とか健康系とか属性が異なる人のリストも含まれています。


そのため、ネットビジネス系に興味がある人だけのリストだけをもらうということはできないということ。


だから、お金をかけてリストを手に入れた割には費用対効果がないことも。


ただし、インフォゼロのように欲しい属性をある程度絞り込んだリストを提供しているところもあります。


とはいっても、読者増サービスは費用対効果が未知数というリスクがあるといえます。


ちなみに、読者増サービスの費用ですが、ちょっと前ではインフォゼロがリスト500件で20,000円ほどでリストを手にいれることができました。

他のメルマガ発行者に紹介してもらってリストを集める

メルマガを発行している他のアフィリエイターに自分のメルマガを紹介してもらうというもので、2つの方法があります。


1つ目の方法は、自分と同じぐらいのリストを抱えているアフィリエイターと、お互いのメルマガの中で紹介しあうもので、基本的にお金は必要ありません。


デメリットは、リスト数がつりあうアフィリエイターを探す必要があることと、相手が賛同してくれるかということです。


中には、自分のメルマガ以外は一切紹介をしないアフィリエイターもいるので、この点については相手のポリシーを見極めることが必要です。


2つ目の方法は、沢山のリストを抱えている有名アフィリエイターのメルマガで、自分のメルマガを紹介してもらう方法です。


こちらは相手と取り決めた金額が必要となりますが、質のいいリストを入手できる可能性が大きいです。


デメリットは、相手に支払う金額の相場があってないようなもので、下手すれば相手のいい値になりかねません。

メルマガアフィリエイトではブログからリストを集めるのが理想

最後は、もっとも王道となる方法で、ブログからリストを集める方法です。

ブログを訪問してくれた読者がそのままメルマガ登録してもらったということは、少なからずメルマガ発行者に興味があるということです。


つまり、ターゲットとしていた属性に最もマッチしたリストだということです。


ブログ以外から集めた人を一から教育するよりは、そんなに手間をかけずにセールスすることができます。

DRMを使った売上増が一番期待できるということですね。



今回紹介したリスト集め以外にも、広告を使ったリスト集めや、Twitter、Facebookを使ったリスト集め、さらにはYoutubeでのリスト集めなどもあります。



最後に紹介した、メルマガアフィリエイトではブログからリストを集めることが一番の理想となるわけですが、なかなかリストが集まらない場合は、今回紹介した方法を検討してもいいんじゃないでしょうか。