関連記事を表示できるWordPressプラグインで回遊率を改善


アフィリエイトブログにおいて、WordPress+賢威の組み合わせの場合、記事を継続的に更新することで自然にSEOに強いブログに育っていきます。


SEO対策としてはこのままでも十分だと思われますが、さらなるSEO対策としてブログの「回遊率」を向上させる方法を紹介したいと思います。


回遊率というのは、ブログを訪れた読者がどれだけブログに滞在したか(記事を閲覧したか)を示すものです。


今回、回遊率向上を目的として、「関連記事」を記事下に表示させることができるWordPressのプラグインである「Yet Another Related Posts Plugin」を使います。


読者が目的の記事を読んで終わりではなく、その読者が興味を持つ「関連記事」へ誘導することで、滞在時間を伸ばす効果があります。


滞在時間の長さはGoogleの評価対象となるものなので、このプラグインを導入することでSEO対策としても効果的といえます。


賢威7ではプラグインなしでもphpソースの修正で関連記事を表示させることが可能ですが、一覧形式にしか対応していません。

サムネイル形式で見栄えのいい関連記事にしたいので、今回紹介するプラグインをインストールすることにします。


では、すすめます。

プラグイン「Yet Another Related Posts Plugin」のインストールで関連記事を表示させる

管理画面から、「プラグイン」→「新規追加」を選択。
プラグインの追加


プラグインの追加画面で、プラグイン名「Yet Another Related Posts Plugin」(以下YARPP)を入力(自動で検索)
プラグインYARPPを検索


YARPPが検索されるので、「今すぐインストール」をクリック。
ボタンが「有効化」に変わるので、さらにクリック。
プラグインYARPPをインストール


インストールが完了すると以下の画面になります。
このプラグインの改善に協力するかどうかを聞かれので、「Yes」を選択してください。
プラグインYARPPの改善に協力同意


自動でこの画面に切り替わります。
これだけで、関連記事が記事の下に表示されるようになります。
プラグインYARPP設定画面


実際の関連記事の表示を確認すると、記事の下に以下のように表示されます。
プラグインYARPPのデフォルト表示

関連記事の見栄えをカスタマイズ

ひとまず、これで関連記事が表示されるようになりました。


ただし、見ての通り、タイトルが「Related Posts:」となっていて、関連記事もタイトルが一覧表示されているだけ。


読む人にアピールするにはちょっと物足りなく、気づいてもらえない可能性もあります。


そこで、タイトルを「Related Posts:」から「関連記事」に修正し、タイトルのみの関連記事からサムネイル画像形式に変更してみます。


少なくとも読者に関連記事があることを気付かせることができるはずです。


YARPPの設定画面の「表示設定 ウェブサイト用」で、以下を変更。
  • 一度に表示する関連記事数を「8」に変更
  • 表示形式を「サムネイル」に変更
  • 「ヘッダー:」には「関連記事」を入力
  • 「関連記事がない時のメッセージ:」には「関連記事はありません」を入力
プラグインYARPP設定画面
入力が終わったら、画面下の「変更を保存」ボタンを選択。


関連記事の内容を確認すると、いい感じでサムネイル形式で表示されています。

さっきのタイトル文字だけのリスト形式よりは、読者も関連記事があることに気づくんじゃないでしょうか。
プラグインYARPP設定変更後の関連記事表示

さらに、関連記事の見栄えをカスタマイズ

関連記事がサムネイル画像形式で表示されるようになったので、このままでも十分ですが、もう少し見栄えを改善したいと思います。

先の画面を見てもらうとわかるように、このプラグインは強制的にアイキャッチ画像を正方形で表示します。

また、関連記事のタイトルの文字が若干大きいため、長いタイトルだと途中でタイトルが切れて何の記事かわからなくなります。


以上の点を改善するために、横長の画像でもそのままの画像で表示されるように、また、関連記事のタイトル文字も小さくするようにカスタマイズします。


カスタマイズはプラグインのphpファイル(styles_thumbnails.css.php)の修正となるので、あらかじめphpファイルのバックアップを取っておいてください。


管理画面から、「プラグイン」→「プラグイン編集」を選択
プラグイン編集


「編集するプラグインを選択」から「Yet Another Related Post Plugin」を選んで、「選択」をクリック。
プラグインYARPPの選択


プラグイン編集画面で、修正対象のphpファイル(styles_thumbnails.css.php)を検索し、選択します。
プラグインYARPPの修正ソース選択

プラグインphpファイルの修正(前半)

phpファイルの先頭部分にある、以下の赤枠箇所を修正します。

$widthを120→140に修正。
横長画像を表示させるために幅を広げます。

$height_with_textを”$height + 50;”→”$height + 60;”に修正。
関連記事のタイトルが全て表示されるようにするため、高さを広げます。
プラグインYARPPのカスタマイズ

プラグインphpファイルの修正(後半)

次に、同じphpファイルの次の赤枠部分を修正します。

  • “height: <?php echo $height; ?>px;”の行をコメントアウト(無効化)。
    コメントアウトは、行の先頭に”/*”、行の最後に”*/”を追加。
    この行を無効化することで、正方形に表示されなくなります。
  • font-sizeを1em→80%に修正。
    関連記事のタイトル文字が大きいため、80%の大きさに変更します。
  • “max-height: 2.8em;””の行をコメントアウト(無効化)
    この部分を無効化することで、タイトルが全て表示されるようになります。
プラグインYARPPのカスタマイズ

以上の4箇所の修正がおわったら、「ファイルを更新」ボタンをクリック。


関連記事の表示を確認すると、以下のように画像も横長できちんと表示され、関連記事のタイトルも全て表示されるようになりました。
プラグインYARPPのカスタマイズ確認

関連記事を積極的に使って、SEO対策を強化する

以上、関連記事を記事下にサムネイル形式で表示させることができました。


冒頭でも書きましたが、関連記事を活用することでブログの回遊率を向上させ、SEO対策としても効果があります。


関連記事は、内部リンク対策として有効なものなので、WordPressのブログを使っている人は関連記事を活用することをおすすめします。


にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへよろしければポチお願いします。


メルマガプレミアム講座始めました
お名前 (必須)

メールアドレス(必須)