記事を書かないアフィリエイトなんてない


アフィリエイトで稼ぐために「記事を書く」


この「記事を書く」ということに苦手意識や、抵抗がある初心者の人は多いです。


よくわかります。


僕もアフィリエイトをはじめた頃は、記事を書くことがすごく苦手で、難しいものだと感じてました。


でも、記事を書かないでアフィリエイトで稼ぐことなんか無理なんですね。



これが現実なんです。



アフィリエイトは楽に稼げる魔法のビジネスではありません。



では、なぜアフィリエイトで記事を書く必要があるかを、これから解説していきます。


これからアフィリエイトで稼ごうと考えていて「記事(文章)を書くのが苦手」と思っているのであれば、ぜひ読んでおいた方がいいかと思います。

アフィリエイトで記事を書く必要性

アナタはできれば、「記事を書かなくてもすむアフィリエイト」をやりたいと思っていませんか?


アフィリエイトにおいて、「記事を書く」ことは必須であり、報酬に繋がる非常に重要な作業となります。


一口にアフィリエイトといっても、以下のものがあります。
  • トレンドアフィリエイト
  • 物販アフィリエイト
  • メルマガアフィリエイト
  • 自己アフィリエイト
  • PPCアフィリエイト

さまざまなアフィリエイトがありますが、この中で「記事を書く」ことが必須でないものは、自己アフィリエイトだけです。


自己アフィリエイトは、ポイントサイトやASPなどで買い物をしたり、カードを作成したり、口座開設などでポイント(現金)をもらうアフィリエイトなので、まったく記事を書く必要はありません。


先に書いたアフィリエイトの中でも、トレンドアフィリエイトは他のアフィリエイトと違い、基本的に「商品を紹介する」ための記事は書きません。


単純に、旬のキーワード(芸能界ネタや社会事件など)を中心とした、読者の興味を惹くような記事を書くことになります。


トレンドアフィリエイトは、物販やメルマガのように、「成約に結びつける」ためのセールス的な記事に較べても、敷居が低いアフィリエイトといえます。


アフィリエイトをはじめたばかりの初心者の人が、こぞってトレンドアフィリエイトに挑戦するもの、このあたりの「取り掛かりやすさ」が後押ししているんだと思います。


最近は、記事をほとんど書かないトレンドアフィリエイトの商材も販売されるようになっているため、ますますトレンドアフィリエイトでは「記事を書く」重要性は薄れつつあります。


とはいっても、それでも全く記事を書かなくてすむわけではなく、少なくとも旬のキーワード検索で訪れた人が思わず読みたくなるような記事を書く必要があります。



つまり、最も初心者の人が稼げそうなトレンドアフィリエイトでさえ、「記事を書く」ことが必要になってくるわけです。



そもそもアフィリエイトは、商品の成約や、広告をクリックしてもらうことで報酬が発生するビジネスです。


報酬をもらうというビジネスである以上、成約に繋がる記事を書くことは必須なんです。


ということで、早くも、テーマの結論がでてしまいました(笑


このまま終わるのももったいないので、「記事を書いて稼ぐ」ことについて、もうちょっと深く掘り下げていきたいと思います。

アフィリエイトで稼ぐためには読者が欲しい情報を記事にすること

アフィリエイトの場合は、「商品を買ってもらう」、「広告をクリックしてもらう」ことで、報酬を得ます。


しかし、商品のいいところだけをアピールするような記事だと、報酬獲得に結びつくことは期待できません。


なぜなら、商品に興味がある読者は、その商品の良し悪しに関する情報を欲しがっているからなんですね。


良いところは勿論ですが、商品購入に踏み出せるかどうかは、その商品の悪いところが自分の中で許せる範囲に収まっているかにかかっています。


なので、そのような要望を汲み取って、悪いところも第三者的な目で、正当な評価をしているサイトが好まれるということになります。



このようなことから、商品の悪いところもきちんと評価しているようなレビューサイトが、読み手の信用を獲得し、成約にむすびつく結果を得るとこができるわけです。



「読者から信用を勝ち取って成約に結びつける」



これが、アフィリエイトで稼ぐための正しい稼ぎ方となります。

アフィリエイトで稼ぐためのコピーライティングは効果抜群

読者から信用を勝ち取ることに成功すれば、収益をあげることができますが、コピーライティングのスキルがあれば、さらに、成約率をあげる事が可能となります。


極端に言えば、特に商品に興味がなかった人までが、コピーライティングを駆使したセールスページに惹き寄せられて、思わず購入したりします。


興味をもってもらい、信用を得て、購入という行動を促す。


これがコピーライティングを使った王道的な稼ぎ方となります。


実際には、コピーライティングには文章の力だけではなく、心理学的な要素も巧みに織り交ぜています。


このようなコピーライティングのスキルは、一朝一夕で身につくものではありません。


ですが、コピーライティングのスキルを身につけると、大きく稼ぐこともできます。


知っている人もいるかもしれませんが、コピーライティングで有名な「宇崎」さんという人のお師匠さんは、年収5億らしいですね。


コピーライティングというスキルを使って文章を書くだけで、5億ですよ。


「人の心を動かして購買意欲を高める」ことでものすごい額を稼げるということです。


それだけ、コピーライティングというスキルが大きな武器になるわけです。


いかにして、コピーライティングで「億」というとてつもない額を稼いでいるのかについて、興味がある人はどうぞ。
Copyrighting Affiliate Program


これからアフィリエイトで大きく稼ごうと思った場合は、コピーライティングはぜひ身につけたいスキルです。

アフィリエイトで稼ぐための基本は「記事を書くこと」

今日のテーマをまとめると、

アフィリエイトは、商品の成約に結びつけることで成り立つビジネスであるため、記事を書くことは必須である。



以上ですが、僕もアフィリエイトをはじめた時には記事をできるだけ書かないですむ稼ぎ方を、必死に探していたもんです。


トレンドアフィリエイトなんかがそうですが、ずっとそれで稼ぐことは相当難しいです。


毎日毎日、Yahooニュースなんかで旬のニュースをリサーチして、できるだけ早く記事をアップする。


これがずっと続くわけなので、作業量はハンパではありません。


それで生活しようなんて言うのは馬鹿げていますし、現実社会の「労働報酬」となんら変わりません。



繰り返しますが、アフィリエイトで記事を書くことは非常に大事なことです。


アフィリエイトで稼ごうと考えている人は、「記事を書く」ことが必須であることを理解しておいてください。