SEO対策でアクセス増加を狙ってみる!効果がある内部SEOと外部SEO


アフィリエイトで稼ぐためには、まずはブログを開設します。


次に、開設したブログのテーマに沿って記事をドンドン投稿していくことになります。


しかし、淡々と記事を書き続けるだけでは、いつまでたっても検索結果の上位に表示されることは難しいんですね。


なので、Googleから評価される記事、つまり「価値のある記事」を意識しながら記事を書き続ける。


キーワードをしっかりと意識した価値のある記事であれば、ある程度の記事数になると検索結果の上位に表示されるようになります。


SEO対策としての記事の書き方としては、「王道」とも言える方法です。



さらに、一工夫することで、「より早く」、「より上位」に検索結果の上位に表示させることも可能となります。



今回は、その一工夫である「内部SEO」、「外部SEO]について解説していきます。


これから解説する内容を理解してもらえれば、内部SEOと外部SEOについて意識しながら記事を書けるようになるはずです。


では、進めます。

検索結果の上位表示されるために重要なSEOの種類

SEOには、内部SEOと外部SEOと呼ばれるものがあります。


自分のブログ内で、ある記事から別な記事にリンクすることを内部SEOといいます。

つまり、自分のブログ内で閉じているリンクのことです。


それに対して、外部SEOというのは、いわゆる「被リンク」といいます。

全く無関係の第三者のブログ(サイト)から自分の記事に対して向かっているリンクのことです。

この場合のリンクは第三者のブログに貼り付けられます。


第三者からの被リンクがあるというのは、そのブログが評価されていることを示すわけです。


なので、そういう被リンクが多いブログ(サイト)ほど、Googleから評価されて検索結果の上位に表示されるということですね。

アクセス増加の効果がある外部SEOの対策

内部SEOと外部SEOを比較した時に、効果があるのは、外部SEOの方だと言われています。


さきほども書きましたが、Googleが被(外部)リンクが沢山貼られているサイトは、「価値があるサイト」だと判断するからなんですね。


内部SEOの場合は、自分のサイトなので、可能な限り対策することができます。


しかし、被リンクはその名の通り、外部からリンクしてもらうことが必要となるため、自力でできることは限られます。


つまり、「読者にとって価値のある記事」を書くことが、外部リンクを獲得することに繋がるというわけです。


とは言っても、簡単に外部リンクは増えるものではないため、ひたすら価値のある記事を書き続ける必要があります。


なので、外部リンクがもらえるようになるまでは、それなりに時間がかかるという問題が。


だったら、それまでは、少しでも効果がある、「自力でできる」外部リンク対策を実践してみましょう。



すぐに実践できる対策としては、以下の2点です。
  1. ブログランキングサイトへの登録
    BLOG RANKINGブログ村が有名ですね。
    既にブログを持っている人は、すぐにでも登録しましょう。

    頑張って記事を書いていくと、結構コメントが集まり出して、アクセスが増えていくのが実感できます。

  2. サテライトからのリンク
    これは、自分のメインサイトとは別に、「サテライト」と呼ばれる「集客用サイト」を開設している場合に有効な方法です。

    「集客用サイト」からメインサイトにリンクを貼っていきます。

    サテライトが多ければ多いほど、効果が出るわけです。

    だからと言って、サテライトはペラサイトのような、中身の薄いサイトでは駄目です。

    集客用と言えども、コンテンツの質がそれなりに伴っていないと、下手すればGoogleから「圏外」というペナルティを食らう可能性があります。

    気をつけた方がいいですね。

アクセス増加の効果がある内部SEOの対策

続いて、内部リンクの対策について解説します。


冒頭でも書きましたが、、対策としては、内部の記事と記事の間でリンクを貼っていきます。


内部リンクは、ただリンクを貼るだけではなく、読者の「滞在時間を延ばす」効果があります。



Googleがサイトの価値を判断する場合、

「読者の滞在時間が長いサイト」

というものが重要視されています。



つまり、滞在時間が長いということは、それだけいろいろな記事が読まれているということになるわけです。


これも価値があるサイトの判断材料になります。


ただし、やみくもに記事と記事の間でリンクを貼ればいいというわけではなく、関連のある記事同士でリンクを貼ることが大事です。



記事を興味深く読んでいた読者が、関連のある記事のリンクが貼られていたら、リンク先の記事を読む可能も大きいわけです。

そうやって、滞在時間を引き伸ばしていきます。


関連記事同士でのリンクでも効果はあるんですが、実は、最も効果があるのが「物語性のある記事」によるリンクだと言われています。


物語性(ストーリーテリング)がある記事というのは、複数の記事が物語として成り立っている記事のことです。


最初の記事から物語がはじまって、第2話目が2番目の記事、第3話目が3番目の記事というように、全部の記事が物語として繋がっている記事のことを、物語性(ストーリーテリング)がある記事といいます。


物語といっても、別に小説のようなものを書けと言っているわけではなく、記事と記事が繋がっていて、それを読み続けることで、1つの大きなテーマが完結するような記事であればいいわけです。


なので、リンクは1番目の記事→2番目の記事という感じで、順を追ってずっとリンクを貼っていきます。

逆に戻るリンクを貼るのもありですね。



よく「リンクを張り巡らせる」という言葉が出てきますが、こういうことをいうわけです。



また、その他の滞在時間を延ばす効果としては、
  • 読みやすい記事
  • 読みやすいレイアウト
  • 短すぎず長すぎない文字数の記事
などがあります。


「短すぎず長すぎない文字数」というのは、大体2000文字~3000文字程度が目安となります。


一見、文字数が多い方がGoogleに評価されそうですが、逆に文字が多すぎると、読者の人が途中で読むのをやめてしまいます。


そうなると、文字数の割には滞在時間が短い「質が悪い記事」という判定をされる可能性もあります。


文字数は適度な数に留めておきましょう。


以上、内部SEOと外部SEOにおける効果的な対策を解説してきました。

究極のアクセス増加対策は、読者にとって価値のある記事を書くこと

いろいろ対策を書きましたが、結局のところ、価値がある記事を書くという本質を理解していないとこれらの対策も全く意味がないことになります。


これからのGoogleは、価値のないサイトを除外できるように検索エンジンの精度をあげていくことは間違いありません。


読者にとって価値のある記事を書いていくことは、検索エンジンの評価基準に左右されない「究極のSEO対策」になるはずです。


繰り返しますが、「読者にとって価値のある記事」を常日頃書くように意識していきましょう。


そうすれば、アクセスを増やすことができてアフィリエイトで稼げる第一歩になるはずです。