記事のタイトルをかえるだけでアクセスアップする効果的な3つの方法


記事を書く時に、タイトルについてどれだけ時間をかけていますか?


アクセスがアップするような記事のタイトルを考えることは以外と難しいですよね。


記事にキーワードを沢山盛り込んでなんとか検索の上位に表示されるようになったとしても、普通のタイトルなのでクリックされずにアクセスが伸びない。


良質な記事を書くことは日頃から意識すべきことですが、ここではアクセスアップを狙った効果的なタイトルの付け方について、書いていきたいと思います。


アクセスがアップすると、結果的に検索の順位もあがる「相乗効果」も大いに期待できます。


方法としては、どれも簡単なものばかりなので、是非実践してください。

記事へのアクセスはタイトルで80%決まる

検索している人が記事にアクセスするかどうかは、80%はタイトルで決まるといわれています。


80%と聞くと、かなり大きいですよね。


このことをを考えると、タイトルも記事と同じくらいに力をいれるべきものだといえます。


Googleなどの検索結果で、ざっくり上位からタイトルを斜め読みした時に、思わずクリックしてしまうようなタイトルがあると思います。


今日は、そういう「思わずクリックしたくなるようなタイトル」と「SEOを意識したタイトル」の付け方について、解説していきます。

アクセスアップのために、記事のタイトルの文字数は28文字~32文字にする

記事のタイトルの文字数について、結論を先に書いてしまいましたが、その理由について以下に説明します。


検索エンジンといえば、Googleをイメージする人が多いと思います。

日本においては、ちょっと前まではYahooの方がシェアが高かったはずですが、今ではGoogleのシェアがかなり高く、Yahooの検索エンジンにはGoogleのエンジンが使われていることも知られています。


この2つの検索エンジン以外だと、せいぜいMSのBingとか、goo、infoseek。


GoogleとYahooの検索結果に表示される最適なタイトルの文字数には微妙に違いがあります。


いろんな人が書いている記事を読むと、Yahooの方が長くて32文字、Googleは28文字が最適と書かれている記事が多いです。


本当にそうなのか、ちょっと時間がある時に適当なキーワードで検索した結果を調べてみました。

実際にGoogleとYahooのタイトル文字数を調べてみた

Google、Yahooとも、全く同じタイトルが検索された上位5位までを抜粋しています。

Yahoo 文字数の平均:31.8
  1. 無料ブログだと稼げないのでしょうか? – ゼロ初心者がアフィリエイ
  2. アフィリエイト可能な無料ブログ一覧 – ゼロ初心者がアフィリエイト
  3. ゼロ初心者がアフィリエイトで稼ぐ方法とコツ-稼げるブログの作り方
  4. 具体的過ぎる!無料ブログと楽天アフィリエイトで稼ぐ3つのステッ
  5. 無料ブログのアフィリエイトでは稼ぎ続けられない”7つの理由”

Google 文字数の平均:32.6
  1. 無料ブログだと稼げないのでしょうか? – ゼロ初心者がアフィリエイト
  2. アフィリエイト可能な無料ブログ一覧 – ゼロ初心者がアフィリエイトで
  3. ゼロ初心者がアフィリエイトで稼ぐ方法とコツ-稼げるブログの作り方
  4. 具体的過ぎる!無料ブログと楽天アフィリエイトで稼ぐ3つのステップと
  5. 無料ブログのアフィリエイトでは稼ぎ続けられない”7つの理由”

予想に反して、Googleの方が若干文字数が多い結果となっています。


今回の調査ではほとんどが全角文字で、半角文字はほとんど入っていません。


半角文字が入ると文字幅が狭くなる関係で、表示される文字数も多くなることが予想されます。


しかし、今回の調査ではあえて半角文字を一切無視して調査しました。



結論として、記事タイトルの文字数は28~32文字までがベストだと思います。



この記事のタイトルは一発で決めましたが、偶然にも文字数は32文字ピッタリで収まっています。

記事のタイトルを2つにわけるやり方もある

記事のタイトルって、大体は1つのフレーズ(句)で決めるのが普通だと思うんですが、2フレーズに分けたタイトルもありみたいです。


なぜ、ありかというと、SEOに強い賢威を販売しているウェブライダーさんが、「コンテンツの品質チェックシート」というページで書いているからなんですね。


ウェブライダーさんが書いているから間違いないだろうというだけです(笑



この「コンテンツの品質チェックシート」というのは、賢威7の投稿画面から確認することができます。


投稿画面の「更新」ボタンのすぐ上に「コンテンツの品質チェックシート」のリンクがあるので、賢威7を持っている人はこのリンクをクリックして確認してみてください。


ちなみに、タイトルについての記述を以下に抜粋します。

タイトルは34文字以内になっていますか?
もしくは、2フレーズの文章で構成され、前半と後半のタイトルがそれぞれ25文字以内になっていますか?
(よいタイトルの例:SEOのプロはみんな知っている!検索結果でクリックされやすいタイトルの付け方)


2フレーズに分けた時は前半と後半のそれぞれ25文字以内で、合計34文字以内でってことですね。


参考までに、「コンテンツの品質チェックシート」にはタイトルも含めてチェックすべき事について書かれています。


●表示エラーのチェック
HTMLの文法上エラーが発生するような記事になっていないか

●SEO
SEOを意識した記事になっているか(タイトルの文字数など)

●見やすさ&読みやすさ
文書の行間は適度に空いていて、読む側が見やすい記事になっているか

●著作権
著作権を守っているか(著作権がある画像や文章を勝手に使っていないか)

アクセスアップのために、記事のタイトルに数字を入れると具体性・信憑性がアップする

タイトルに限らず、文章内にアンケートした結果の数字や、売上実績などの数字を記述すると、それだけで信憑性があがると言われています。


これを利用して、タイトルにも可能であれば数字を盛り込んでみましょうということです。


僕の実際の記事で、

「ブログで記事を書く時に注意したいこと」

というタイトルがありましたが、



これを

「ブログで記事を書く時に注意したい3つのこと」

に変更しました。



「3つ」という数字を盛り込んだだけですが、3つってどんな事だろう?とか、3つだったら見てみようかなという気になると思います。


と言っても、これで爆発的にアクセスが増えたわけではありませんが(笑



他の例として、

「一ヶ月で劇的にダイエットできた裏ダイエット方法」



「一ヶ月で劇的に7.3kg減のダイエットができた裏ダイエット方法」



数字を入れることで、より具体性がアップして思わず読みたくなるタイトルに変わっていると思います。


ちょっと数字を入れるだけですが、アクセスアップの効果は期待できます。

アクセスアップのために、記事のタイトルにアルファベットを使う時はカタカナも併記する

これは以外とアクセスアップの効果がある方法です。


例えば、よくありがちな、

「Facebookでブログへのアクセスを増やす方法」


これを、

「Facebook(フェースブック)でブログへのアクセスを増やす方法」

に変更します。


変更で33文字になってしまいましたが、あくまでも例なので(笑



アルファベットに慣れた人だと、そのままアルファベットで検索するかもしれませんが、以外とカタカナでの検索も多いみたいです。


特に、高齢の方は断然カタカナ派ですね。


たんにアルファベットをそのままタイトルにつけるのではなく、日本語読みで検索されることも意識して、タイトルを決めましょう。

アクセスアップのために効果的な3つの方法を身につける

最後に注意事項として、

「短期間で頻繁にタイトルを変更すると、Googleからペナルティをくらう」

という話も聞かれるので、タイトル変更はなるべく一発でビシっと決めましょう。


以上簡単ですが、アクセスアップにつながる3つのタイトルの付け方でした。



日頃から、タイトルを考える時にこの3つを意識すると、自然とタイトルの付け方のコツがわかるようになってきます。


簡単なことなので、記事のタイトルを考える時はぜひ実践してみてください。