アフィリエイトで稼ぐための作業時間がないと言う人はどこまで本気か

アフィリエイトで稼ぐための仕組みを構築するには時間がかかる

アフィリエイトで稼ごうと思ったら、「稼ぐための仕組みを構築」することが必要なことはわかりますよね。

この「稼げる仕組みを構築」するというのは書くのは簡単ですが、かなりの作業時間が必要となります。


中には、手軽にはじめられるトレンドアフィリエイトのように、記事を書いたその日から報酬が発生するアフィリエイトもあります。


それに対し、本気で「アフィリエイトで稼ぐため」の物販アフィリエイト、メルマガアフィリエイトなどはそれこそ稼げる仕組みを構築するのに、かなりの作業と時間を要します。


そのため、稼ぐための仕組みが出来上がるまでは、がむしゃらに、ひたすらに作業をすすめる必要があるわけですが、ここで「時間がなくてなかなか作業ができない」という言い訳をする人が必ずが出てきます。


今だからいえますが、そういう僕も「仕事が忙しい」とか「時間がない」などという言い訳をよく使っていました。


アフィリエイトの作業をしている時に、師匠からの指示があってもなかなかその指示通りに作業がすすめられないことが多かったんですね。


そういう時にこの言い訳を使っていましたが、師匠はそれに対して何か言ってくることは一切ありませんでした。


逆に何も言ってこないことの方が僕にはちょっと怖かったんですけど。


もしかして、「死ぬ気で作業しろ!」という言葉が喉まで出かかっていたかもしれません。


師匠がまだ稼いでいない頃、師匠の師匠から三ヶ月でいいと言われていた作業を一ヶ月で仕上げたことがあったらしいです。


その時はアフィリエイトの作業にほぼ1日費やすことができたようですが、それでも言われた期間の三倍のスピードで仕上げるというのは、並大抵のことではありません。


それほどに、絶対に稼ぐんだという気持ちが強かったというのがわかるエピソードだと思いました。


こういう「死ぬ気で頑張る」人には、どういう言い訳をしても自分が恥ずかしくなったりします。


話を本題に戻して、

「時間がなくて作業ができない」という人はどうしたらいいのか、時間がないことを言い訳にしていないか、ということについて書いていきます。

アフィリエイトの作業時間を確保する方法はいくらでもある

「時間がない」というのは、逆にいうと「時間を確保できない」ということでもあるわけですが、時間を確保するためのコツとか方法は、ネットでも、本でも探せばいくらでも出てきます。


ありきたりですが、朝夕の通勤時間帯を利用して、スマホなどで情報収集して記事のネタを探す。

すごい人だと、そのまま電車の中で記事を書いちゃうなんてこともできます。


昼休みも有効利用できますね。


あとは、朝早く起きて、その時間を作業にあてる。


他には、飲み会や、TV視聴、娯楽などは極力控える。


などですかね。


このあたりのアフィリエイトで稼ぐためのマインドセットに関する記事は、アフィリエイトで、初心者が稼ぐために意識すべき3つのことでも書いているので、参考にしてもらえればと思います。


先に紹介した方法については、これ以上深く掘り下げることでもないのでここでは言及しませんが、代わりに、僕が本当に実践した、「作業時間を確保する方法」を紹介します。

仕事中でもやろうと思えばアフィリエイトの作業はできる

ズバリ!僕は仕事中にアフィリエイトの作業をやっていました。

だから、決しておすすめできる方法ではありません。


アフィリエイトの作業と言っても、ブログの管理ページにログインして記事を書いたりとか、メールを書く、ブログのレイアウトを修正するという、本格的な作業ではありません。


僕がやった作業は、「記事のネタ探しと記事書き」です。


デスクワークの仕事だったので、仕事しているフリしてネットで検索してネタをバンバン探す、ということはそれほど苦労せずにできました。(バレたらやばいですが)


その見つけたネタをもとに、記事を断片的にでもメモ帳に書き溜めていく。


不謹慎だと思われるかもしれませんが、こんな感じで仕事中に開き直ってアフィリエイトの作業をやっていたんですね。


だからといって、仕事のすすみが悪くなるということはありませんでした。


なぜかというと、アフィリエイトの作業時間を確保するために、仕事をどうやって効率化するかということを必死に考えて、実際に行動したからです。(逆にいうと、普段の仕事がゆるゆるだったといえます)


よっぽど忙しい時を除いては、ほぼ毎日最低30分から1時間はこのネタ探しと記事書きの作業をしていたんですね。


バレたら当然問題になるので、決しておすすめできる方法ではありません。

アフィリエイトの作業時間は「確保する」のではなく「作る」ことを意識する

以上のことを強引にまとめると、結局僕がいいたいのは、時間がないというのは言い訳で、時間は無理やりでも作るもんだということです。


何も僕のように仕事の時間を割いてでも時間を作れと言っているわけでありません。


「時間がない」という言い訳が出るということは、自分の作業がすすまないことを正当化しているだけです。


お金持ちでものすごく忙しい人とかいますけど、こういう人こそ、どこで時間を作っているんだ?というぐらいに、きっちり時間を確保してたりします。


つまり、意識があれば時間は作ることができるということです。



誤解を恐れずに書きますが、アフィリエイトで稼げるようになるためには、作業量がものをいいます。


つまり、やった人だけが稼げるようになる。


当然、中途半端に終わった人は中途半端にしか稼げない。


やらない人が稼げるようになるということは、詐欺的な稼ぎ方をしない限りほぼないです。


本当にアフィリエイトで稼ぐ気があるんだったら、それこそ「死ぬ気で作業する」という気持ちがものすごく大事になってきます。

どれだけアフィリエイトにたいして「本気」かということです。


だから、本気であれば「時間がない」なんて言い訳が出たりすることもないし、そのための工夫もしないなんてことはありえません。


時間がないから作業ができないと思っている人は、

  • 本気でアフィリエイトで稼ぎたいと思っているのか
  • 時間を確保する(作る)ことが本当にできないのか

この2点について、今一度振り返ってもらえればと思います。



「時間がない」を言い訳にすることは、稼げなくなることへの第一歩だと思ってください。



本気でアフィリエイトで稼ぐことを考えていきましょう。