プロフィール


ブログを訪問した人が、管理している人がどういう人なのかがわかるように簡単なプロフィールを見にしやすいところに設置します。


3カラムのFC2無料ブログの場合は、サイドバーが左右にあるため、左サイドバーの一番上の目立つところにプロフィールを書いていきます。

プロフィールの作成内容

プロフィールもよく読まれるところなので、しっかり書きましょう。


また、このプロフィールには

  • 自己紹介用ページへのリンク
  • メルマガ登録ページへのリンク
  • 問い合わせページへのリンク

を書いて、訪問者がこれらのページにすぐに移動できるようにします。


現在のプロフィールは↓のような感じでデフォルトのままです。
プロフィール変更前


これを↓のように変更します。
プロフィール変更後


では、手順を説明します。

FC2IDにログインし、プラグインの設定

FC2IDにアクセスしてログインします。

左の「設定」メニューより「プラグインの設定」をクリック
プラグインの設定


「プラグインカテゴリ1」の一番上にある「プロフィール」の「詳細」をクリック
※「プラグインカテゴリ1」というのは左サイドバーのことです。
プラグインカテゴリ1

左サイドバーのプロフィールを編集

以下のような画面が表示されます。この画面でプロフィールの編集を行います。
プロフィール編集画面


タイトルに「管理人について」を入力
タイトル入力


「プラグインの改造」にある【HTMLの編集】をクリックし、HTML編集ができるようにします。
HTML編集エリアにプロフィールの内容(HTML)を書いていきます。

書き終わったら、「プレビュー」ボタンをクリックし、プロフィールの確認を行います。
プロフィールの編集
書いた記事からHTMLソースを出力する方法は、以下のページの「書いた記事のHTMLソースを出力する」を参照してください。
アフィリエイトで稼ぐ!初心者の人でもわかるFC2無料ブログの使い方

プロフィールの確認と更新

以下のように、プレビュー画面で編集したプロフィールが表示されることを確認します。
同時に、各リンクのクリックで正しくページが移動できることも確認します。
プロフィールのプレビュー確認
※FC2ブログのプレビュー機能は表示がおかしくなることがあります。
(青枠部分のように、古いプロフィールが残っている)
プレビュー時に表示がおかしくなるだけで、「更新」したら正しい表示になるので気にしないでください。



プレビューでの表示に問題がなければ、「プロフィールの編集」画面の「設定」ボタンを押して更新します。


最後に、左メニュー「ホーム」の「ブログの確認」をクリックして、プロフィールの表示が問題ないことを確認してください。
プロフィールの確認

プロフィールのテンプレートHTMLソース

記事の編集画面でプロフィールを書いて、「ソース」ボタンをクリックすることでHTMLのソースが出力されます。

この作業が面倒くさい人は僕のプロフィールを修正して使ってください。

今後、HTMLソースの出力が必要になることもあります。
HTMLソースを出力する操作はできるようになりましょう。

<img src="★プロフィール画像のURL★"><br>
<br>
管理人のヒロアキといいます。<br>
<br>
アフィリエイトで稼ぐためのお役立ちブログを開設しました。<br>
<br>
プロフィールについては、<a href="★「プロフィール」記事のURL★" title="管理人のプロフィール"><span style="font-size:120%;">管理人のプロフィール</span></a>を参照してください。<br>
<br>
無料のメルマガ登録は<a href="★「メルマガ登録」記事のURL★" title="無料メルマガ登録"><span style="font-size:120%;">こちらから</span></a>どうぞ<br>
<br>
<a href="★「問い合わせ」記事のURL★" title="管理人に問い合わせ"><span style="font-size:120%;">管理人に問い合わせ</span></a><br>
質問、相談などお気軽に連絡してください。<br>
48時間以内に返信いたします。

  • 背景色が黄色で★印の部分は、最低修正しないといけない箇所です。
    プロフィール画像や各リンクのURLに修正してください。
  • 「font-size:120%」は標準文字の120%の大きさを表します。
    (つまりちょっとだけ大きい)
  • <br>は改行コードです。
  • その他は適宜、修正してください。


以上で、FC2無料ブログの左サイドバーにプロフィールが表示されるようになりました。